移民受け入れしかないのか

今日はこんな記事です。

21世紀末にかけて大きく変わる世界の人口構造【日本編】

今後の日本の人口問題について、基本的な情報がまとめられています。特に目新しい情報があるわけではありません。

要点をつまむと、
・人口減少とともに労働人口の減少が起こる。
・労働人口の減少により、潜在成長率が落ちると予測される。
・対策として、(1)潜在労働力の有効活用、(2)出生率引き上げ、(3)外国人労働力の導入があげられる。
・潜在労働力の有効活用は可能だが、すぐに枯渇するし、労働人口の減少を補うには足りない。
・出生率引き上げにはあまり期待できない。理由は、今後出産適齢女性人口が減ること、出生の意志決定に政府が関与することが不適当と考えられるため。
・外国人労働力の導入が有効だが、今の日本の法制度では非現実的。
・今後、人口増加国からの移民受け入れを先進国間で争うようになる...

ご支援くださる方はクリック→