フランスはどうやって少子化を克服したのか

今日はこんな記事です。 フランスはどうやって少子化を克服したのか ですが、今日私が書きたいことはこの記事とはあまり関係がありません。 私が書きたいことの前にこの記事について書きますが、この記事は、『フランスはどう少子化を克服したか』という本の書評みたいなものです(「みたいなもの」と書いたのは、単に本の内容だけでなく、評者の経験に基づいた記述もあるからです)。 フランスは少子化対策のために様々な制度変更と多額の公費投資を行っていて、このブログでも何度かとりあげました。しかし、この本や記事に書かれているのは、制度よりも「5つの新発想」です。以下抜粋です。 1.男を2週間で父親にする
2.子供は「お腹を痛めて」産まなくてもいい
3.保育園には、連絡帳も運動会もない
4.ベビーシッターの進化形「母親アシスタント」
5.3歳からは全員、学校...

ご支援くださる方はクリック→