敗北したのは、プロのふりした「ドシロウト」

米大統領選の結果が生んだ衝撃の余韻がなかなか収まらない。
投票からすでに1週間以上が経過したものの、米国社会には、いまだにトランプ氏の当選という結果を受け容れられず、ざわついた雰囲気が漂っている。トランプ氏とはどんな人物か?
本音トークだらけの選挙公約を、どの程度本気で実行するつもりなのか?
と、喧々諤々の議論が沸き起こっている。
(いま予想合戦に熱を上げても意味がなく、彼が大統領に就任してから、その動向を観察したうえで、じっくり対応すればよいだけのことだ)また、前代未聞の大逆転劇の原因について、多方面からあれやこれやと分析がなされており、
①グローバリゼーションによる産業空洞化で職を失った中産階級の怒り
②経済格差拡大の放置に対する怒り
③オバマケアをはじめとする欠陥だらけの社会保障制度に対する将来不安
④不法移民の横行による低賃金化と治安の悪化b...

ご支援くださる方はクリック→