配偶者控除改悪

今日はこんな記事です。 <配偶者控除>夫の年収制限新設へ増税世帯反発も 政府・与党が配偶者控除の年収上限を130万円か150万円に引き上げる方向で調整に入った。「女性の就労拡大」を掲げるが、引き上げた上限が新たな「壁」となる恐れもある。税収減を防ぐため、夫の年収がそれぞれ1320万円、1120万円を超える場合は配偶者控除が受けられなくなるしくみで、増税となる世帯の反発も予想される。 配偶者控除は廃止の方向で話が進んでいたはずですが、いつの間にか控除が拡大される方向にすり替わっています。 配偶者控除には低所得家庭への支援という意味がありますが、少子化対策という意味では、子無し家庭にも支出されてしまう、という点でマイナスです。 配偶者控除は撤廃し、それがそっくり子育て家庭への支援に回される、という状況が明確になれば有権者の反発も少なかっただろ...

ご支援くださる方はクリック→