少子化対策の提言

今日はこんな記事です。

少子化対策のためにタブーに立ち向かえ~結婚していなくても子供を育てられる社会に!~100の行動39

堀義人さんというグロービス経営大学院の学長の提言です。以下全文引用します。

少子化対策のためにタブーに立ち向かえ~結婚していなくても子供を育てられる社会に!

2014年の日本の出生数は過去最小の100万3539、出生率は1.41。人口を維持するのに必要な2.08を下回る。日本の人口は2050年には9500万人、2100年には4700万人に減る。目標値を定め、タブーをなくして、効果が期待できるあらゆる手法を実施するための5つの提言。

1.シングルファーザーやシングルマザーを認める社会に!
日本で婚外子が2.1%であるのに対し、スウェーデンでは54.7%、フランスでは52.6%。両国のの出生率は1990年代の1.5台から2011年2.0前後...

ご支援くださる方はクリック→