安倍総理とトランプ次期大統領の会談

なんだか「内容は非公開」と言われてますので、推測、推察で書くしかないので、当たるも八卦当たらぬも八卦をご了承ください。ただ全体像を見ていくことで、かなり正確に推察が可能だと思います。 事前の報道では「踏み込んだ話はしない」と言われたり「TPPのメリットを教育しに行く!」とか言われたり、よくわからないのですけれども、安倍政権としては相当慌ててパイプを繋ぎたかったというのは事実でしょう。実際に大統領選前にはヒラリーにしか会ってませんでしたしね。
 そして慌ててパイプを繋ぎに行った理由は、上記の記事、SOJ氏の読みが的確な気がします。自民党内の力学的な焦りもあった、という指摘ですがなかなかに「なるほど・・」と説得力があります。 私の方は日本とアメリカと世界と言うかたちで、考察してみたいと思います。まず第一に世界情勢の不安定化は誰の目にも明らかですが、我が国日本は...

ご支援くださる方はクリック→