コラム:トランプ相場は世界動乱期の「あだ花」か=斉藤洋二氏 – ロイター


ロイター >>記事全文

コラム:トランプ相場は世界動乱期の「あだ花」か=斉藤洋二氏 >>記事全文
ロイター
近年で特に大きな原動力となったのは1980年代にサッチャー英首相とレーガン米大統領が進めた規制緩和と一体化した新自由主義的な政策だ。その流れの中で、欧州ではEU統合が進み、アジアでは「世界の工場」である中国を軸に国際分業体制の構築が図られた。

ご支援くださる方はクリック→