「〇〇神話」を否定的に使うな!(子育てに関して)

「三歳児神話」という言葉があります。
最近では、「三歳になるまでは、母親が子育てに専念しないならば、子供の発育に何らかの悪影響を及ぼす」という考え方を否定的にみなす言葉として、主に使用されているように思います。

上記の「三歳になるまでは、母親が子育てに専念しないならば、子供の発育に何らかの悪影響を及ぼす」という考え方については、次のような要素から成り立っていると心理学者の大日向雅美氏は述べています。(Wikipedia「三歳児神話より」引用)

①子供の成長にとって幼少期が重要である。
②この大切な時期は生みの母親が養育に専念しなければならない、なぜならお腹を痛めたわが子に対する母の愛情は子供にとって最善だからである。
③母親が就労などの理由で育児に専念しないと、将来子供の発達に悪い影響を残す場合がある。

以上からまとめると、「三歳児神話」とは、子供の発育にとって幼...

ご支援くださる方はクリック→