高速道路120キロ 反対派は対案として積極財政を主張せよ

高速道路の最高速度の120キロへの引き上げに向けて、東北自動車道と新東名自動車道で来年度から最高速度を110キロに引き上げる実験が行われるそうです。


これに対して教育評論家の尾木直樹氏は、安全上の懸念から次のように指摘して反対しています。


『日本の特徴は


・軽自動車の存在

・トラックは80キロと一緒

・高齢者運転手の事故率高くなりきっと悲惨です。』


私は現時点においては、反対でも賛成でもありません。今後の実験の結果、デメリットよりメリットが上回った場合は賛成しますし、逆の場合は反対します。ただ、いくつかの対策を上手く組み合わせれば、高速道路の最高速度引き上げが事故抑制、渋滞緩和、時間短縮などの大きな効果をもたらす可能性はあると思います。


尾木氏も大型車の速度が80キロのまま据え置かれることを問題視していますが、私はむしろ、大型車...

ご支援くださる方はクリック→