【コラム】表現するという意味【求む】

非常に多くのコラムを書かせて頂いておりますが、筆者はコラムを書くときに割りと「ビクビク」しています。
内容に間違いはないだろうか?これで解釈はあっているだろうか?などと心のなかで思いながら書いています。

書く行為というのは自分の内部を表現する行為なのだと思います。
なのでハードルを高く感じがちですが、一方でそのコラムを書いて、コメント欄で間違いを指摘されたらそれはそれでいいと思っています。
何故なら少し賢くなれたのだから。追記をして「この部分は間違っていました」とすれば良いだけです。

きっとそれを受け入れて、今度書けばもっと表現ができるようになるのだと思います。

【経済初心者だから書けないのか?】
そんなこともないと思います。むしろまだ勉強が進んでいない段階では、いろいろな人の意見を書くことによって得られます。
これは寄稿されたコラムを見ているだけより、もっと勉強速度が早まると思います。

一つ経済初級者の方々に提案があります。自分の中の疑問を文章で表現してみてはいかがでしょうか?

【勉強は終わることがない】
全てわかったからコラムが書ける、というわけではありません。むしろわかってくるほどに、どんどん勉強したい範囲が広がり未知の分野に挑戦していくことになるでしょう。
つまり「全部わかってないから書けない」のならば、どんな人もコラムを書くということができなくなってしまいます。
今ある「自分の中身を表現する」という行為そのものが、私は良いことだと思うのです。
そうすることで、それを見た色々は人たちのためにもなる、と思うのです。

【コラムだから長い文章がいる?】
言いたいことを伝えるために、ある一定量の文章がいるでしょうが、コラムに長短はあまり関係ありません。
だって「雑誌」とか「新聞」じゃ無いんですから。

ブルーオーシャンはまだまだアクセス数も少なく、コラムを書いて頂ける人が不足しています。
あまりハードルを気にせずに、ふと思った疑問や質問でも結構です。
是非とも皆様には表現していただきたく思います。


このユーザーがいいねしています

  • jan2002

コテヤン@どうやら管理人
About コテヤン@どうやら管理人
とあるご縁でブルーオーシャンを立ち上げることに… YouTubeでは高橋聡として動画投稿しております。 チャンネルへ |  反新自由主義・反グローバリズム コテヤン基地(毎日更新) |  進撃の庶民(毎週月曜寄稿)

「【コラム】表現するという意味【求む】」のコメント一覧

  1. 1
    まさ まさ  :

    私は馬鹿ですので、教養が足りません。経済学も知りません。数字が入ってくるので、どちらかといえば、経済学は嫌いです。しかし、自分は馬鹿だから、何もわからない、間違っていたら、教えてもらえて感謝しなきゃいけないなと言う気持ちになります。
    頭がまっさらの状態の方が、知識も知恵もしみこみやすいのかもしれません。