トランプ以降(2017年以降)の経済情勢について考えてみた

トランプ以降、2017年以降の経済情勢について考えてみました。(あくまで独断での予測ですので、責任は持ちません。あしからずご了承ください。)

トランプは、中国等は「為替操作国」と認定する、さらには自由貿易協定を破棄してでも米国製造業を守ると公言していたので、てっきりドル安の方向かと推測していましたが、FRBによる年内の利上げ確率の高まりもあって、現状では急激なドル高円安が進行しています。

トランプはインフラ投資は増加させるでしょう。ただし、財源は主に国債発行によるのでしょうか、この点には何も言及していません。彼が共和党に属していること、議会の多数は共和党であることを鑑みると、インフラ投資に見合う分の社会保障費を削減せざるを得ないのではないでしょうか。また、インフラ投資については、公的資本よりも、投資減税や規制緩和による民間のインフラ投資を刺激する政策がメインとなるような気がし...

ご支援くださる方はクリック→