①マネタリーベースとマネーストック

①マネタリーベースとマネーストック 貨幣と一口に言ってもいろいろな存在形式があり、その存在形式によって果たす役割が異なると考えられています。貨幣は、おおよそ、「現金」、「マネタリーベース」、「マネーストック」の3種類に分類されます。「現金」とは、紙幣や硬貨など、貨幣の形をしたものです。これらは、日銀、政府、金融機関、非金融機関の企業や個人によって保有されていますが、非金融機関の企業や個人が保有している現金を「タンス預金」と言ったりします。家の金庫に入っている貨幣も、財布に入っている貨幣も「タンス預金」の一つです。「マネタリーベース」とは、現金と、準備金(金融機関が日銀内に解説している当座に保有している法定準備金および超過準備金)の合計です。「マネーストック」とは、金融機関を除く非金融法人企業、個人、自治体によって保有されている、現金と預金の合計量のことです。中央政府と金融機関が...

ご支援くださる方はクリック→