移民推進=亡国、それが世界の現状

伝統や文化、特に食文化に対して論じることが多いのですけれども、移民を入れると「日本の文化」がポリティカル・コレクトネスによって無残に破壊されてしまうと思われます。世界の現状、特に欧州を例に出しながら「移民あかん!」と書いてみたいと思います。 まず欧州やアメリカではポリティカル・コレクトネスで「クリスマス」ではなく、ムスリムに配慮して「ハッピーホリデー」と言わなければならないようです。死に絶えたクリスマス、様変わりのNY繁華街 ・・・・・意味がわからないのですけれども、クリスマスってキリストの生誕祭でしょ?つまり宗教的様相が欧米では濃いのは理解できますが、キリスト教国において「キリストの生誕祭を祝えない」というのは何をどう考えても「不自然」でしかありません。 イスラム教徒のためのポークソーセージ禁止にドイツ人ショック『ドイツの外食店で伝統的なポークソーセージが姿...

ご支援くださる方はクリック→