保守と公益と信用

なんだか部屋とYシャツと私みたいなタイトルですが、意識はしてません。平松愛理とか全く存じ上げません。さて、みぬさ氏ブログ依存症で医者に行ったら「一日一回、そのブログを見なさい」と言われました。まぁ勿論それは冗談ですが(笑)
 と、冗談をいうのはここまでにして、考察したいなと。上記のみぬさ氏の記事では社会的信用と保守の関係性、そしてその信用を得るのは大変だとか、信用があるから社会が安定しているだとか、そ~言った考察がなされていて、最もだなぁと。そこで私、ふと思いました。公益って信用というものを創造する根幹なんじゃないのか?と。 それが正しいとすると、まずは公益ってなんやろ?という話から始めたいなと。公益とは読んで字のごとく「公の益になること」でして、エリートの語源と似ていますね。エリートの語源はラテン語で「神に選ばれた者」らしく、それは「公に仕えるもの」「公に尽くすも...

ご支援くださる方はクリック→