①貨幣数量説から離脱したケインズ

①貨幣数量説から離脱したケインズ マネーストックが増加するかどうかで、経済に与える影響はどう違うのかということですが、通常、マネーストックの増加は、ほとんどが投資や消費に使われ、GDPの生成に貢献すると考えられています。現在、マネーストックは増えているが、GDPは増えていないという次のような統計があります。①マネーストックの対前年度増加額2004年+10兆円、2005年+3兆円、2006年-6兆円、2007年+7兆円、2008年+8兆円、2009年+23兆円、2010年+19兆円②GDPの対前年度増加額2004年+4.9兆円、2005年+0.2兆円、2006年+2.8兆円、2007年+6.3兆円、2008年-11.8兆円、2009年-30.0兆円、2010年+11.3兆円マネーストックは毎年増えていっているのですが、GDPは増えていません。増加したマネーストックは、ほとんどが投...

ご支援くださる方はクリック→