大阪府・市立大学の統合問題について

橋下大阪市長は、府知事時代から「大阪府立大学・大阪市立大学の存在は二重行政」と批判して、統合を主張しています。そして、それは現在の大阪維新の会のマニフェストにも引き継がれています。
http://oneosaka.jp/policy/policydetail/pdf/manifest2015w.pdf
先の大阪都構想の住民投票時にも、二重行政として批判していましたね。

そもそも、地域に複数の大学が存在することをもって、二重行政であるとすること自体、意味不明であり、橋下維新特有の馬鹿げた発想なのですが、過日(11月1日)大阪で開催されました第四回「豊かな大阪をつくる」シンポジウム(大阪府大・市大統合問題)の資料に、大変興味深いデータ等がありましたので、ご紹介します。
http://satoshi-fujii.com/symposium4/

まずは、立命館大学の森裕之教授の...

ご支援くださる方はクリック→