重要なのは「修理」ではなく「給油」

『夏のボーナス、前年比2.8%減非正社員の増加受け』
“今夏のボーナスの1人あたり平均額は、前年より2.8%少ない35万6791円で、2年ぶりに減った。非正社員の割合は2014年に初めて4割に達しており、厚生労働省は減少の理由を「ボーナスの支給水準が低かったり支給されなかったりするパートや嘱託など、非正社員の割合が高まった」と説明している。
厚労省が9日発表した。減少幅は、リーマン・ショック翌年の09年(9.8%減)以来の大きさとなる。従業員数が多い産業ごとにみると、卸売業・小売業が6.5%減の29万6120円、医療・福祉が4.7%減の25万7278円、製造業が3.3%減の49万4777円で、いずれも落ち込んだ。従業員5人以上のおよそ3万3千事業所を対象に調べた。“(朝日新聞デジタル11月9日(月)10時49分配信)このニュースを耳にした時に、筆者には何の違和感もなかった。
...

ご支援くださる方はクリック→