橋下松井政治の防災無策の凄まじさ

昨日11月14日開催の『豊かな大阪をつくる~「大阪市存続」の住民決断を踏まえて~』(第六回:大都市自治を問う:「橋下維新政治」の検証)シンポジウムにおいて、都市災害研究における第一人者である社会安全研究センター長(京都大学名誉教授)河田惠昭氏の講演がありましたので、そこから橋下松井政治の防災面からの問題点を数点取り上げます。
動画はこちらから見ることができるかと思います。
http://satoshi-fujii.com/151114-4/

河田教授は橋下松井政治とは表現されず、大阪府政、市政の悪政例として資料を作成しておられました。まずはそこからの抜粋です(所在地等若干の説明を加えました)。

・槇尾川ダム工事(大阪府和泉市)の中止:地球温暖化による洪水危険性の増加を無視
・寝屋川の内水氾濫危険性の継続と治水工事遅れ
・南海地震津波(大阪府下で約13万4千人死亡)対策...

ご支援くださる方はクリック→