フランスのテロ事件と移民問題

先日のフランスのテロ事件の結果、多くの報道時間がこの件に割かれるようになりました。シリア難民での入国者や、フランス国籍者に実行犯がいることも報道されてます。妻子とともにフランスで暮らしてた人物もいるようです。
上記の件は、重要なメッセージになります。①シリア難民の実行犯→(難民にテロリストが混じることの証明です)②フランス国籍者の実行犯→(帰化用件に国旗、国家に忠誠を誓わせる等の行為の意味のなさ)③家族もちの実行犯→(一部に家族もちの移民・難民は溶け込むはずという迷信への否定)これらの移民推進派の、建前を否定できる事例が整いました。
報道の結果、茶の間や職場の休憩室、駅の待ち時間などでも、この話題が出るかもしれません。
もし、そのような話題が出たときは「怖いですね。日本は大丈夫でしょうか」と軽く不安を共有できるようにあわせましょう。「中国移民は、尖閣に移住して!」や「安倍は偽装移民推...

ご支援くださる方はクリック→