福井モデル

今日は「福井モデル」を勉強してみました。

書籍も出ているようですが、こちらのページに簡潔な説明があります。

それをさらにまとめると、女性の労働力化が進む一方、高い3世帯同居率と子育てへの行政支援によって高い出生率が維持されている、というものだと思います。

これらはデータにも表れています。
・共働き率全国1位
・3世帯同居率上位
・待機児童ゼロ
・幸福度日本一
・合計特殊出生率上位
ということです。

福井県は2005年に出生率2位になったそうで、そこから「福井モデル」が注目されてきたようです。

ただ、昨年の出生率は12位で、上位ではありますが、それほど注目すべきものでもなくなっています。

また、このブログでは出生率と就業率、三世帯同居率の関係を調べたことがあります。両者とも出生率と相関はありませんでした。

というわけで、最近はあまり「福...

ご支援くださる方はクリック→