大阪W選挙における結果と、今後の予想と態度の保持

大阪W選挙の結果が出まして、2つとも橋下維新候補が取ったとのことでございます。
一大阪人として非常に残念であり、また一日本人として非常に今後の行く末を危惧しております。

これで大阪は陥落、ここから前々より危惧していた「全体主義・新自由主義」が毒のように日本を駆け巡ることでしょう。
この結果を受けまして「大阪発・今後の日本3つの危機的予想」としましてどういった状況になりつつあるのか、どういった状況が予測されるかをまとめます。

その前に前提条件として、政治的にどのような動きがあったのか?ということを簡潔に申し述べます。
まずもって官邸と大阪維新は何度も会合を持っておりまして、この中身についてはなかなか報じられませんが大阪W選挙を取った後のこと、これも話し合われていたのではないでしょうか?
また安倍晋三と橋下徹は極めて肌が合うようです。
安倍晋三には「改憲」という大目的があり、橋下維新には「勢力の拡大」「最終的には政権奪取」があるように思われます。

ここで気をつけておきたいのは、ナチスが勢力を伸ばしていた初期に政治的専門家はおしなべてヒトラーを「プロパガンダが上手いだけの男」と捉えていたということです。
恐らく安倍晋三や周辺も未だに彼をその程度にしか捉えていないことでしょう。

さて予想を述べていきます。

1)5年後に橋下維新が野党第一党、もしくは連立与党の一角になる可能性が高い
2)結果として全体主義・新自由主義が日本にさらに蔓延る
3)橋下維新が日本の有権者の2割を「完全な橋下信者」にする可能性は高い

まず1)ですが今回の大阪の選挙は極めて重要でありました。
橋下徹にとっては「天王山」でありここで敗れば、彼の今後やもしくは大阪維新の会の今後は一切なくなり、その命脈を左右させる選挙であったといえます。
どういうことか?
今回は住民投票と違い官邸はともかくとして、自民党としては大物が続々と大阪入りし、党をあげての選挙戦でした。
さらにそこに民主、共産も相乗りしての選挙戦であったにも関わらず知事、市長のどちらかすら取ることも出来なかった。

この重大な意味を皆様お気づきになるでしょうか?
つまりプロパガンダがどれほど効くのか、真面目に考えた政策や検証なんぞプロパガンダで一蹴される、という事実を我々はつきつけられたわけです。
そして侮っている官邸筋は「目的」のために彼らの取り込みを狙うのではないでしょうか?

今後の選挙においてより過激なプロパガンダが展開されるのは、橋下維新の体質からして明らかであり、そしてそういう選挙が普通になるとえてして政治家は「簡単に当選できるほうに流れる」のも必定です。
そしてもう一つ重要なのは、今回の大阪の選挙におけるプロパガンダは大阪人向けに作成されたものである、ということです。

大阪は「振り込め詐欺」に引っかかる率が一番低い地域と言われております。
その大阪人を持ってすら彼らのプロパガンダに騙されたという事実、そしてこれからは国民を騙すためのプロパガンダが大量に溢れていくことでしょう。
それが橋下維新のやり方であり、大阪は何も無作為に「橋下維新の本拠地」として選ばれたわけではないと思います。
橋下維新のプロパガンダが果たして全国で通用するのか?そのテスト地域として選ばれた可能性すらあります。

そしてそのテストの結果、十二分にこのやり方は通用すると橋下徹は自信を今頃深めていることでしょう。
そして彼が大阪維新の集会で言った言葉が「5年後には国政で過半数が取れる」です。

2)についてですが、全体主義・新自由主義というのは政治家にとって誠に都合の良いものです。
プロパガンダをしていれば、大して政策を考えなくて良い、大衆が飛びつきそうなお題目さえ唱えていれば選挙は戦えるのです。
そして新自由主義は全ての出来事、現象を「自己責任」「既得権益のアイツが悪い」で片付けられる思想です。

そしてそれに対して延々と攻撃し続ければ、有権者はそこから「既得権益に対して一歩も引かない政治家」というイメージを勝手に読み取ってくれるわけです。
この攻撃に嘘があろうがデマがあろうが「悪なる既得権益」という前提条件の前では、攻撃者はすべてを肯定されるでしょう。
そうやって攻撃者に対して同調するものが増えると、攻撃される側、もしくは攻撃される恐れがある者たちは黙らざるをえない。

今回のW選挙の構造の一つとして以下の様なものがあります。
大阪都構想も橋下維新の公約に入っていたのですが、大阪市にとっては2200億円が流出するという大問題ですが、他市にとってはどうでしょう?
自分たちの住んでいる地域の予算が増える可能性があるわけで、そうしますとこれは大阪の大阪市vs他市という構造とも取れます。

つまりいつの間にか大阪市に住む人々そのものが、構造的には既得権益とみなされ攻撃される側になってしまったわけです。
こうなると大阪市民はこの圧力によって、黙らざるを得なくなっていきます。
こうして多数対少数の構図を創りだして、一つ一つ黙らせていくのが全体主義の一つの特徴であり、この圧力に耐えられる人は「なかなかいない」のです。
これも今後、日本全国で出現する現象の一つとなるでしょう。

3)について、つまり今現在大阪以外はおしなべて「橋下維新」に対する支持率が低いので「大阪だけやん?」と心の底では侮っているひとが多いことと思います。
これは藤井聡教授が説明しているように、今回のプロパガンダは「大阪向け」に作られた地域限定商品のようなものです。
なので、全国的に現在橋下維新の支持率が低いことは、彼らからするとなんら「問題がない」話です。

次は全国向けのプロパガンダの作成が彼らの当面の目標になるでしょう。
そして大阪都構想時に非常に的確な分析をしておりました
http://blackcatty.hatenablog.com/ (黒猫翁)
が分析しておりますが、大阪には橋下信者の割合が2割いるようです。

これと全国の大阪維新の支持率を比べてみますと、おおよそその分析は的を射ていると言えそうです。
すにで各都道府県に橋下信者が2割いる、もしくはいないところでも彼らのプロパガンダによって熱心な信者が2割程度発生する可能性が非常に高い。
これが活発にデマでも嘘でも構わずにプロパガンダを垂れ流すわけです。
これに抗える人々がどれほどいるでしょうか?

長々と今後考えられる「最悪の予想」を述べてきましたが、これらが現実になる可能性は私は高いと考えます。
我々は一体どうすればいいのでしょうか?

一つに事実、真実を探求するものとしての精神を絶対に忘れないことが必要かと思います。
一つに事実、真実を探求し日本を良くしようという態度の保持に努めねばなりません。
一つにブルーオーシャン、進撃の庶民様の連携と多数の知恵を統合して、我々の力をなんとか拡大させねばなりません
(これは後日、おおまかなプランをまとめて読者の方々、進撃の庶民様の運営の方々、ブルーオーシャンの運営の方々にご提示差し上げたく存じます。その中でご議論いただき、より良いプランの詳細が詰められればと思います。)
(上記拡大は今までの「○○拡散」等との手法ではなく、金銭面という最大のボトルネックと向かい合ったプランを現在思案中です。)

とここまでプランのことを書いてしまうと、かなり気になる方が多いと思いますので、現在思案している概要だけ簡単に記しておきます。

1)最大のネックは金銭面。これをサイトコンテンツの収益化、つまりグーグル広告の導入で一定程度確保する
2)上記を図るにはアクセスアップは必要不可欠で、現在の月間14000PVを来年9月までに10万PV以上を目標に様々な対策を打つ
3)頂いている提案で基金を作り、寄付を集めるというのも視野にいれる(私的にはこれはなかなか難しいと考えますが、議論する価値ありとも思います)
4)上記資金でグーグルへの広告や、有名人との対談等々の考えられる手段で知名度のさらなるアップ

「じゃぁアクセスアップどうするんだよ!」というのも、一つ思案していることがありましてグーグルニュースへの登録が出来ないか?というものです。
前にざっと規約を読んで「コンテンツが充実してから検討しよう」と思っていたのですが、そろそろ視野にいれるべき時期なのかもしれません。
(前に読んだ感じでは登録できる可能性もあり、これは進撃の庶民様も可能性があります。いつ提言しようか迷っていたのですが、W選挙を受けて「こらいかん!急がなヤバイわ!」と思った次第です)

また両サイトの寄稿者にとっては「自分の意見が世の中に広まる」というインセンティブが大きくなりますので、良いことだと思うわけです。
最後に一つ申し添えますと、私にとってブルーオーシャンは公の場です。よってブルーオーシャンから私自身が収益を得ようとは考えていません。

ブルーオーシャンで得た資金は全てブルーオーシャンと政治活動、宣伝広告、サーバー料金、ドメイン料金等々の運営費用に回していきたいと思っています。
まぁ私が職業的には商売人ですので、「え?ほんまかいなぁ~w」と思われる方もいると思いますが、商売的に考えても反新自由主義・反グローバリズムがシェアを少しでも奪わなきゃならない時期です。
またその前に一人の日本人として「ヤバイ!この状況…」と思うので活動させていただいているに過ぎません。
後日改めて、資金面、アクセス数アップ等々のボトルネックになる問題を解決するためのご提言を進撃の庶民様およびブルーオーシャンにてさせていただきたく存じます。

ぜひぜひ、ご提言させて頂いた際には「皆様」のお力もお借りして「このヤバイ状況」に抗える力をつけるためのご助言、ご議論を頂きたく存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


このユーザーがいいねしています

  • holyfirework
  • charleyace
  • jan2002

コテヤン@どうやら管理人
About コテヤン@どうやら管理人
とあるご縁でブルーオーシャンを立ち上げることに… YouTubeでは高橋聡として動画投稿しております。 チャンネルへ |  反新自由主義・反グローバリズム コテヤン基地(毎日更新) |  進撃の庶民(毎週月曜寄稿)

「大阪W選挙における結果と、今後の予想と態度の保持」のコメント一覧

  1. 1
    jan2002 花のヤン  :

    橋下徹氏については、大阪以外では賞味期限切れという印象がありますね。
    国政レベルでは「国民連合政府」の方がインパクトが強いと思いますし、おおさか維新には行政能力と議員の質という不安材料があり、大阪以外では支持は伸びないのではないかと思います。
    ちょっと楽観的かもしれませんが、私はそう考えています。

  2. 2
    holyfirework 灯火  :

    アメリカのように、ネットから寄付出来るようにすると良いかも。

  3. 3
    jan2002 花のヤン  :

    >>灯火さん

    賛成です。
    寄付をしやすくする方向でも工夫すべきでしょうね。

  4. 4
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    私、まず最悪の予想をする習性がありましてw
    これは商売人としての習性ですねw

    >>灯火さん
    寄付についてふるさとさんからご提言がありまして。
    ネットでの寄付ですか~。
    ちょっとそこら辺も調べてみようかと思います。

  5. 5
    Gokai  :

    橋下徹氏が新自由主義だととのことですが、どうしてそのように思われたのでしょうか?
    彼自身が新自由主義を支持すると言われたのでしょうか?
    或いはどのような政策を持ってそのように断定されたのでしょうか?
    私は共党支持ですが、共産党も反橋下氏応援なので頼まれてわからないままわずかながら寄付もしています。選挙が終わるまで遠慮していたのですが済みましたのでこのことに触れたいと思います。

  6. 6
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>Gokaiさん
    ちと古いですが、橋下維新が策定した維新八策です。
    http://oneosaka.jp/news/120831%20%E7%B6%AD%E6%96%B0%E5%85%AB%E7%AD%96.pdf

    また橋本氏の過去発言
    「小泉・竹中路線を さらにもっともっと推し進めることが今の日本には必要と思っている」
    http://blog.zokkokuridatsu.com/201205/article_7.html

    橋本氏自身は恐らく、地方行政における通貨発行権のあるなしという論点すら知らないと思います。
    というより維新八策を見ても、過去発言を見ても「とにかく改革だ」という非常に新自由主義的な思考回路と政策の持ち主かと。

    例えば橋本氏の道州制の議論なのですが、記憶では確か
    「道州制にしてそれぞれが競い合えば良い。徴税権も道州に大幅に国が渡すべきだ」
    との旨の発言をしております。
    これなんかはモロに競争原理主義、小さな政府かと。

  7. 7
    Gokai  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >http://oneosaka.jp/news/120831%20%E7%B6%AD%E6%96%B0%E5%85%AB%E7%AD%96.pdf
    >「小泉・竹中路線を さらにもっともっと推し進めることが今の日本には必要と思っている」
    http://blog.zokkokuridatsu.com/201205/article_7.html

    ・確かにブレーンは、気にいらないのが多いのはわかります。
    ・それに橋下氏は確かにマクロ経済学については間違った感覚を持っています。
    ・然しそれは日本人全員がそうなのですから今は仕方がありません。
    ・今はというのは、彼は自分が間違ったと思ったことはコロコロ変えそうです。
    ・それは素直でいいことなので、きちんと教えれば変わるとも取れます。
    ・だから新自由主義だというのは言いすぎでははありませんか。
    ・なお維新八策はマクロ経済学が理解できていないという点を考慮した場合、何が問題ですか

    >橋本氏自身は恐らく、地方行政における通貨発行権のあるなしという論点すら知らないと思います。
    ・どういうことでしょうか?
    ・Gokaiも地域通貨の発行は正しい政策とは思えません。
    ・また知らないことが新自由主義だとはいえませんよ。

  8. 8
    Gokai  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    お返事のお礼を書き忘れていました。
    すみません。
    遅れましたが御礼申します。
    けど、やはりわかりません。
    前にもいいましたが冤罪の可能性ありますね。

  9. 9
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>Gokaiさん
    彼自身の主張の根底には「改革」が「善である」というのがある、と私自身は認識しております。
    勿論彼がマクロ的に「正しい経済政策」を掲げるならば、支持もやぶさかではないのですが…
    少なくとも、彼の8年間の政治家人生においてそのような主張が掲げられたことはなかったかと思います。

    >Gokaiも地域通貨の発行は正しい政策とは思えません。

    あ、これ対して誤解を与えてしまったかもです。
    つまり地方政治は「通貨発行権がない」ので、国と同様の財政出動が必ずしも出来ない場合がある、もしくは国に頼らざるをえない場合がある、という議論のことなんですが、こういう議論を橋下氏自身が認識をしているわけではないと思う、ということです。

  10. 10
    Gokai  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >つまり地方政治は「通貨発行権がない」ので、

    ・橋下氏は、国でさえそういうことができるとは思っていないと思います。だから国も、大阪府と同じで財政再建が必要と思っている可能性は高いですね、断定はできませんけど。

    >彼自身の主張の根底には「改革」が「善である」というのがある、と私自身は認識しております。
    >勿論彼がマクロ的に「正しい経済政策」を掲げるならば、支持もやぶさかではないのですが…

    改革ガ善とは思っていなくてただ、大阪には改革が必要と思っているだけじゃないのでしょうか?
    で反維新の議員さん方達は改革する力が無い可能性がある。
    あるなら橋本維新が選挙に勝ったりしませんでしょ。
    結局大阪の人たちは、役人が無駄遣いするのを嫌っているということではないのですか?
    尚、新自由主義は国家から搾取しようとしている主義であって地方政治に適用される考え方ではないと思うのですね。
    だから橋下徹氏が新自由主義信望者だといわれると今のところはかなり抵抗感があります。
    というより現在の日本において、国土強靭化政策を提案する藤井聡先生のほうがよほど新自由主義じゃないかと勘繰りますね。

  11. 11
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>Gokaiさん
    財政再建の件は私も同じ見方です。

    >大阪には改革が必要と思っているだけじゃないのでしょうか?

    国政政党としての維新の経緯を見ていても、非常に改革思考が強いと私は認識してます。
    少なくとも橋下氏や国政政党としてやってきた日本維新の会等々から「景気が悪いから財政出動!」というのは聞いたことがありません。
    ・・・・・・まぁ…これを言うと日本の殆どの党が…ですねw(イタタタタw

    次世代の党も、民主党も自民党も維新も…
    せいぜい共産党と公明党くらいでしょうか…給付を考えているのはw

    そう考えると、確かに「維新のみが改革思考」なわけではないですね。
    日本詰んでね?と時々思ってしまいますw

    >新自由主義は国家から搾取しようとしている主義であって地方政治に適用される考え方ではないと思うのですね。

    ここについては半分だけ同意なのですが、半分は違うかなと思います。
    というのも例えば水道事業の民営化ですとかカジノ構想は、参入企業のレントシーキング(企業への便益の供与とでもいいますか…日本語では)になる可能性が高いと思うのです。
    特に地域インフラは地域独占事業なので。

    ココらへんも一度、論証まとめてみたほうが良いかもしれませんね。
    あぁ…・・・・論証しなきゃならんことがどんどん増えていきますw時間ががががが…w