高齢者を子育て支援に活用

今日はこんな記事です。

シニアの豊富な経験が好評、保育や家事代行業界で活躍新たな生きがいにも

保育園や家事代行サービス業界で、子育てが一段落したシニア世代の労働力が注目されているという記事です。

保育園増設が追いつかない理由の一つとして、保育士の人材不足があげられています。60代以上のシニア世代が人手不足を補う人材として期待されています。

シニア世代にあらためて保育士の資格をとってもらう、というわけにはさすがにいかないようですが、「保育士補助のアルバイト」の立場で参加してもらうということのようです。

記事では他に家事代行サービスや、ベビーシッター業界などが活躍の場としてあるようです。

高齢者活用という意味でも子育て支援という意味でも、いい動きなのではないかと思います。




ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

...

ご支援くださる方はクリック→