地方の問題の本質

地方の問題の本質

地方の政治家の問題意識として、地方をどのように見ているのでしょうか。様々な問題点を列挙することが出来るものと思います。例えば、新規卒業者に仕事場が無い、買い物や娯楽の場として競争力がない、商店街に活気がない、保育所が少ない、といったことです。政治家は、大体、これらの問題のどれかを自分のテーマとして取り組んで行くことで、自分の政治家としての存在の意味を見出そうとする傾向にあります。しかし、地方の最も深刻で難解な問題は年々深まって行く住民の貧困化なのです。一般的に、地方の政治家は、住民の貧困化については、自分の手に余る問題として、その問題に取り組もうとはしません。住民生活の現状については時代の流れだから仕方がないものとしてあきらめ、たとえ所得が少なくても、せめて、幸福感が持てるようにしてやりたいといった方向に転換しています。しかし、その多くは、生活の経済面を改善するの...

ご支援くださる方はクリック→