吹奏楽マニアに捧ぐ・第76回『ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス』

今回の【吹奏楽マニアに捧ぐ】のコーナーはアメリカの作曲家の書いたドラマチックな曲を御紹介したいと思います。

今回取り上げますのは、D。ギリングハム氏の作曲した『ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス』でございます。

本作品はミネソタ州アップルヴァレー高校の創立25周年を記念して書かれた曲で、スペインの古い賛美歌でアップルヴァレー高校の校歌としても使用されていた「Come,Christmas,JointoSing」という賛美歌を主題にした変奏曲となっております。

もの暗く不安を感じさせる場面だったり、華麗なメロディーだったり、激しい場面が次々とかわるがわる登場し、非常にドラマチックで華やかな曲となっております。

グレード設定は「4」とやや高難易度で、コンクールの自由曲なんかにお手頃な曲ではないでしょうか。

ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス


これからも色んなジ...

ご支援くださる方はクリック→