共働き子育てしやすい街

今日はこんな記事です。

共働き子育てしやすい街荒川区が1位

日経DUALによる調査結果です。

先日はこのブログで横浜市の待機児童数を調べてみましたが、自治体によっては保育所に入れなかった家庭に補助を行っており、そういった細かいケアまでを数字で評価することは難しいです。

この調査では様々な基準をもとに「共働き子育てしやすい街」を評価しています。第1位から5位まで解説がついていますので、以下引用します。自治体が子育て支援の内容で住民を引きつける時代になりつつあると思います。よい状況になっていると思います。

1位荒川区(73点)
荒川区は回答のあった81自治体全体でもトップでした。荒川区は0歳児クラスへの入園申請数における定員(充当率)は0.8程度と、やや足りていない状況でしたが、都認証保育所に通っている0歳児に最大6万円の差額補助をするなど、認可に入れなかった...

ご支援くださる方はクリック→