国民の命と平穏な生活を脅かす「ナイトタイムエコノミー」

 皆さんは「ナイトタイムエコノミー」という言葉をご存知だろうか?夜遅くまで人々に街で遊んでもらい、経済活性化につなげようという考え方らしい。10月31日放送のNHKクローズアップ現代プラスで取りあげられていた。
「ナイトタイムエコノミーが日本を救う!?観光立国・新戦略」http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4055/index.html

「日本は終電が早い、深夜に開いている店や娯楽の場が少ない。深夜でも外国人観光客が楽しめる環境を整備し、経済活性化につなげるべきだ。」というようなことがいわれていたが、我が国の国土条件や慣習、伝統、文化を全く考慮せず、無理やりこのようなものを導入するのは反対だ。  まず、我が国は地震大国であるということを忘れてはならない。鉄道会社は終電の間に設備の点検、補修や将来の地震に備えた耐震化...

ご支援くださる方はクリック→