シリア騒乱

■2011年に始まったシリア騒乱は、政権の反体制派へのしめつけの厳しさにより
それから5年経過した2016年現在、シリア内戦へと様相を呈した。この状況は、アメリカが世界の警察官の役目を近年退いたことにより、中東に対する関係各国の主導権争いに発展している。ISやアルカイダ系の武装組織。今後もこの内戦は長期継続すると推測される。
■混迷するシリア内戦においては、国民の約半数が何らかの形で内戦の被害者となり難民になっている。それは国外難民であったり、国内難民だ。国内難民は、武装政治勢力に包囲され、国際機関の救援物資支援も容易に入ることが難しくなっている。特にシリア北西部、トルコ国境沿いにあるイドリブ県は、政府軍と反政府軍、ISなどが入り乱れたアレッポ県とハマー県に囲まれ、救援物資が届かない。
このシリアにおいて我々日本人は何をなすべきか?
■世界の経済大国である日本は、シリアのように経済...

ご支援くださる方はクリック→