①魔女狩りの魔女にされた日本の土地資産

①魔女狩りの魔女にされた日本の土地資産 1985年のプラザ合意の後、Ⅰ年目が過ぎた頃から、日本国内では地価の高騰が始まりました。日本の地価の高騰は企業の担保価値を莫大なものとしていました。また、プラザ合意による円の高騰がアメリカの不動産投資に日本から大量の資金を流れ込ませていました。日本企業は、日本の土地の担保価値を利用し、比較的容易に海外投資を行うことが出来るようになり、国際競争力は最高潮に達し、ニホン・アズ・ナンバーワンと言われたりしました。そこで、アメリカが日本経済の力を弱める戦略として着目した点が日本の土地税制でした。アメリカは日本経済の強さの秘密を熟知していました。しかし、日本の経済学は欧米の問題意識までをもコピーするほどの翻訳経済学であり、日本独自の問題意識を持ちませんでしたから、まったく欧米の経済学に歯が立ちませんでした。日本の経済学者は、地価が経済にどのような役...

ご支援くださる方はクリック→