日ロ首脳会談と北方領土の国際構造

12月15日には日ロ首脳会談があるそうで、一部では北方領土問題が前進するかもしれない、という甘い観測も出ております。最初に結論から言いますと「そんなん無理やろ・・・」でございます。アメリカ大統領選投票日前に「トランプの可能性、高いんちゃう?」と書いたときより、こっちのほうが確実に「そうじゃね?」と言えます(笑) ちょっと北方領土のロシア、日本とその他国際関係を整理してみましょう。まずロシアとしての基本戦略は、アメリカ、欧州、日本のいずれかの分断にあります。この3つが結束して経済制裁などされると、流石にきつい。なので何処かを懐柔して勢力を結束させないようにしておく、というのは基本の基本でしょう。 アメリカはオバマの時期は、ロシアとはクリミア、ウクライナ情勢で対立し、またシリアでもあまりよろしくない状況です。欧州はちょっと意味がわからなくて、地政学的にはロシアを脅威とみなし...

ご支援くださる方はクリック→