啓蒙思想についての補足的考察─③~ソウルメイトの思想

本日はソウルメイト様の寄稿コラムをお届けいたします!

「啓蒙思想についての補足的考察①」

「啓蒙思想についての補足的考察②」

の続編となる超大作コラムです。

古典派・新古典派経済学の成り立ち・思想的背景がよくわかる保存必須の超力作エントリーです。

「道理で、それらの経済学は世界を不幸に導くわけだわ」と頷かされることしきり。

一人でも多くの国民の方々にソウルメイト様のこのエントリーを読んでいただくことが、それらゾンビ経済学を二度と蘇らせないことにも繋がります。

「ペンは剣よりも強し」

それでは、皆様もじっくりと味わいながら読んでくださいませ^^/


人気ブログランキングへ

「啓蒙思想についての補足的考察③」~ソウルメイト様




前回に引き続き啓蒙思想とは何であったかについて、荒川章義さんの著作「思想史のなかの近代経済...

ご支援くださる方はクリック→