②貨幣量とGDP

②貨幣量とGDP

ケインズは貨幣数量説を否定しましたが、貨幣の量と物価を関連付けることまでは否定していません。否定していないどころか、むしろ、「いかにして物価に関連する貨幣の量を増やすか」がケインズの中心的なテーマであるといっても過言ではないくらいです。ケインズは市場の貨幣の量を増やすために、金本位制下にあっては貿易黒字を肯定し、のみならず、金本位制からの脱却も提言しています。それもこれも全てインフレへの誘導を目的として、貨幣量の増大すなわち有効需要の増大を目的とするものです。(これをもって、ケインズが貨幣数量説を引用したという者がいますが、そう考えるのは強引過ぎます、貨幣数量説の趣旨は、あくまで貨幣数量と物価もしくはGDPとの関数的関係性にあります。)貨幣数量説が唱えられる以前から、貨幣中立説というものがあります。これは、「貨幣の量は物価にだけ影響を与え、生産に対して中立である」...

ご支援くださる方はクリック→