①日本のデフレは流動性の罠ではない

①日本のデフレは流動性の罠ではない

投資家階級は富裕層を形成します。富裕層は、デフレ期には、徐々に物価が下がるので、投資や消費などの支出を将来に回したほうが有利になると考え、資産を現金や銀行預金で持とうとします。これを「流動性選好」または「投機的貨幣需要」と言います。流動性とは、他の資産や商品との交換のしやすさを言います。あらゆる「資産」は消費物資を交換する仲立ちの役割を担うことから、広義の貨幣と考えられています。つまり、土地、国債、株、貴金属、美術品などの資産は全て貨幣として機能させることが可能です。ところが、これらの資産は、持ち運びに不便であるとか、細かく分割できないとか、不便な性質を多く持っており、現在のように高度に発達した資本主義社会ではほとんど仲介手段として拒否されます。そこで、一旦、貨幣と交換されなければなりません。他の資産ではなく、貨幣(流動性)の保有を好むことを「流動...

ご支援くださる方はクリック→