①日本のデフレの原因は流動性の罠ではない

①日本のデフレの原因は流動性の罠ではない 投資家階級は富裕層を形成します。デフレ期において、富裕層は、徐々に物価や資産価値が下がるのを見ながら、投資や消費などの支出を将来に回したほうが有利になると考え、資産を現金や銀行預金で持とうとします。これを「流動性選好」または「投機的貨幣需要」と言います。流動性とは、他の資産や商品との交換のしやすさのことで、普通、経済学で「流動性」と言う場合は現金を指します。経済活動の最終目的は消費に存在します。資産は消費物資と交換することが出来ますから、広義の貨幣と考えられています。つまり、土地、債権、株、貴金属、美術品などの資産は全て貨幣として機能させることが可能です。しかし、現金は、それらの資産の貨幣的な機能に比べて、非常に便利なもので、価値を数値として表すことが出来ます。その便利な数値化の機能が功を奏して、賃金も現金で量られ、現金の価値に対する資...

ご支援くださる方はクリック→