成長を拒否するクズに経済を語る資格なし!!

ここ数年というもの、大手企業を中心とした収益力の向上やボーナス支給額アップといった“大本営発表”が続き、アベノミクス成功を担保する材料として喧伝されてきたが、どうやら、それも息切れし始めたようだ。『<税収前年割れ>アベノミクス失速鮮明…法人税が減少』
(毎日新聞12/2(金)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000008-mai-bus_all)「2016年度の国の一般会計税収が、法人税収の減少を主因に、7年ぶりに前年度実績(56兆2854億円)を下回る見通しとなった。安倍晋三政権は、税収増を追い風に経済政策「アベノミクス」を推進してきたが、税収減はその転換点となりそうだ。(後略)」税収は、経済政策の効果を測る指標の一つではあるが、筆者としてはさほど重要視していない。
よって、「税収減少=政策失敗」と短絡的に結論付...

ご支援くださる方はクリック→