結婚への金銭的ハードルを下げる

今日はこんな記事です。 1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ……花嫁の返答が話題に 日本ではなくアメリカの話です。 生活に金銭的余裕がないカップルが結婚を決意し、安価な指輪を婚約指輪として買おうとしたところ、店員の「みじめすぎる」という言葉を耳にしてしまったそうです。男性は落ち込んだのですが、女性が「重要なのは指輪そのものじゃない。それを買う、という愛こそが大切なのよ」と反論し、指輪を受け取った、という話でした。 出生動向基本調査によれば、結婚医師のある未婚者に「結婚の障害」は何か、と問うとダントツで高いのが「結婚資金」です。 制度としては、日本では紙切れ一枚出すだけなので単に結婚するだけならお金がかからないのですが、実際には、結婚式・新婚旅行など多くのお金がかかります。こういった結婚費用が「結婚の障害」にならないような方向性が望ましいとこ...

ご支援くださる方はクリック→