保育園を作り終われ。話はそれからだ。

今日はこんな記事です。 <男女共同参画>女性の政治参加へ法案提出反対や慎重論も 自民党は9日、衆参両院や地方議会の選挙で男女の候補者数を均等にするよう政党に求める議員立法「政治分野における男女共同参画推進法案」を合同部会で了承した。これを受けて、自民、公明、日本維新の会の3党は同法案を衆院に共同提出した。 「機会均等」、つまりチャンスは誰にでも平等にあるべきだと思うのですが、「結果均等」は不必要どころか害悪となりかねないのではないかと思います。 いろいろありますが、ここでは問題を二点指摘しておきたいと思います。 一つは、男女の「結果均等」を不用意に実現すると、少子化が加速されることです。 現在日本の未就学児は約600万人いますが、保育園定員は300万人に届いていません。現政権の保育園増設の努力は認めますが、「充分」には遙かに届いて...

ご支援くださる方はクリック→