緊縮財政と外交失敗の関連性

どうも進撃の朝刊や三橋氏ブログによると、安倍政権は来年度の予算を緊縮化する方向のようです。もともと安倍政権は2013年以外は全て緊縮財政であり、これではデフレ脱却がおぼつかないどころか、デフレに来年、再度突入するというのは火を見るより明らかなわけですが、この状況を打開する(ように見せかける)ため、来年度はさらなる外交成果を安倍政権が求めるのではないだろうか?と危惧しております。まぁ元々安倍政権の外交成果といえるものは殆どなく、むしろ冷静に分析すれば売国外交とのそしりを免れないものなのですが。私が12月1日に「ロシア外交は失敗する」と記事にしましたが、そのあと続々と「外交成果が望めないのではないか」というような記事が、マスメディアから流れています。これ自体も特段驚くようなことではなく、経済成長せず、経済が停滞し続けて相対的にプレゼンスが低下している日本が、首相の外交手腕とやらに頼ったところで...

ご支援くださる方はクリック→