フリーランス

フリーの働き方を促進と経産省「少子化進む」と評判いまいち
フレックスタイム制の導入や、一般的になりつつあるテレワーク・ノマドワークなど、働き方は年々多様化してきている。

そうした流れで、経済産業省が働き方改革の一環として、フリーランスで働くことを促進する研究会を立ち上げたのだが、これがイマイチ反応がよろしくないようだ。≪続きを読む≫[アメーバニュース] 「人口減少や技術革新により産業構造・就業構造が大きく変化すると予想される中、「雇用関係を前提とした働き方」だけでは、働き手も企業も競争力を低下させる恐れがあり、フリーランスなどの柔軟な働き方、すなわち「雇用関係によらない働き方」が働き手にとっての豊かな暮らしの実現、企業にとっての多様な人材の確保につながるとし、その現状を把握して解決策を探るのが目的」なのだそうです。 記事では、ネットの声として以下が載っています。...

ご支援くださる方はクリック→