金持ちがインフレを嫌う理由?

筆者は、以前から、積極的な財政金融政策の実行による豊かで力強く成長する社会を目標にブログを書き、「進撃の庶民(http://ameblo.jp/shingekinosyomin/)」管理人様のご厚意により、同ブログにも寄稿の機会を頂いている。20年もの長期不況が社会に与えた影響は凄まじく、若者を中心に好況期を知らぬ層が増え、国民の間に、「身の丈に合った生活で慎ましく暮らせればよい」、「少子高齢化社会を迎える日本はもう成長できない」、「日本の衰退は歴史の必然」といった諦観論が蔓延しつつある。構造改革派やリフレ派(ついでにエセ教科書学派の1名様も)の連中は、生産性向上こそ経済成長の源泉だと主張するが、国民がすっかりヤル気を失くしてしまっては、生産性UP云々を語る以前に、国内の供給力水準を維持することすら困難になるだろう。筆者の主張は、漸増的な経済成長とその果実の適切な分配を前提とし...

ご支援くださる方はクリック→