②「バブル崩壊」の定義は「間接金融の停止」

②「バブル崩壊」の定義は「間接金融の停止」  将来予測に基づいて、たとえば、自分が頑張ればこうなるといった将来予測も含めて、過剰な投資が行われることがあります。それをバブルと呼べば、世の中はバブルだらけということになります。すなわち、過剰な投資の存在だけではバブルとは言えないということです。バブルには実態の無い泡のようなものと言う意味がありますが、この定義ではあいまいすぎて、結局のところ何を表しているのか判りません。何か意味のある定義を試みるならば、バブルの側面として、まず、「結果として、将来予測をはずした、それゆえ、結果として過剰であった投資となったもの」ということがあります。したがって、後から振り返って見て、それがバブルの真っ只中にあったとしても、真っ只中に居る者にとっては、それがバブルなのかどうかは判らないのです。それは、つまり、資産価格が上がりすぎなのではないか...

ご支援くださる方はクリック→