珍説貿易論

以前のエントリー(「輸入最強論を騙る珍種」http://ameblo.jp/kobuta1205/entry-12223750875.html)で「輸入が増えれば、輸出も増える(=仕入れを増やせば、売上も増える)」という呆れた妄想をご紹介したが、世の中には、まだまだ珍説・奇説の類がゴロゴロ転がっている。例えば、こんなのがある。【珍説】『輸出・輸入絶対相関説』
輸出の裏には必ず輸入があり、輸入の裏には必ず輸出があるから、輸出が伸びれば輸入も伸びるし、輸出が減れば輸入も減る。
輸出と輸入がセットということは、輸出拡大と輸入拡大もセットになる。【奇説】『産業保護による輸出阻害説』
輸出を伸ばし輸入を抑えるのは、理論上不可能。
「輸出をしない」という選択をすれば、「輸入をしない」ということと同じ。
つまり、自給自足せざるを得ず,経済規模は縮小する。「輸出を伸ばし、輸...

ご支援くださる方はクリック→