通貨の価値は国力で決まる

日銀のバランスシートには「発行銀行券(=日銀券・紙幣)」が負債の部に計上されており、その額はH28/3期で95兆円になる。

以前のエントリー『日銀券に負債性など無い』(http://ameblo.jp/kobuta1205/entry-12227438733.html)で述べたとおり、筆者は、日銀券の負債性や債務性を認めていない。

そもそも、日銀はバランスシートを作成する必要がなく、資金の出入りだけをチェックできれば十分で、大福帳でもつけていればよい。

仮に、国民から、日銀券の返却対価を求められたとしても、金や他の貴金属を以って、あるいは、日銀職員が皿洗い(労役)をして返済する必要がない以上、負債性があるとは言えない。

日銀券を要らぬという者に、日銀は何を以って応えるのか、その答えは日銀券であろう。

日銀券を決済手段に用いる実体経済の現場なら、受け取った日銀券...

ご支援くださる方はクリック→