安物買いの銭失い

「安物買いの銭失い」ということわざがありますが、最近の日本社会を見ていると本当にその通りだと思います。安倍政権は2020年までにプライマリーバランスの黒字化を目指すとして、消費税増税や政府支出の抑制などの緊縮財政を行っていますが、これこそが長期的視点で見ると無駄遣い増加の原因になるということを今日は書いていきたいと思います。


11月8日に発生した福岡市のJR博多駅前の地下鉄工事現場での大規模な道路陥没事故は、断言はできませんが工事費を安く抑えようとしたことも要因の一つになった可能性があります。この事故では電気やガスなどのライフラインが被害を受けましたが、映像で見る限り配管は直接地中に埋設されていたようです。この方式でライフラインを敷設したのも工事費を安く抑えるためだと思われますが、工事費を増額して、人が入れるくらいの大きな頑丈な管に電気・ガス・水道をまとめて敷設する共同溝を整備し...

ご支援くださる方はクリック→