保育士待遇改善へ

今日はこんな記事です。 保育士の給与は上がるのか?厚労省が来年度予算に540億円計上 540億円用意されたといっても、それが全ての保育士に均等に渡るわけではなく、「副主任保育士」「専門リーダー」の役職が新たにでき、給料が上がるようです。 記事では、保育士待遇の問題がうまくまとめられています。 国としては、(野党に言われるまでもなく)保育士の待遇をもっと改善したいのだろうと思います。しかしお金がない。 が、お金がないからといって何もしないのでは、人口がじりじり減っていくだけです。 民進党は「子ども国債」を提案しています。批判も多いようですが、人口の問題は「借金をしてでも」解決しないといけないマターではないでしょうか。   ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

人気ブログラン...

ご支援くださる方はクリック→