閉校した校舎の活用法

今日はこんな記事です。 【年の瀬記者ノート茨城】進む少子化、学校の統廃合閉校後の校舎、有効活用法は 小学校統廃合による閉校後の校舎利用についてです。 閉校後の校舎をベトナムからの留学生のための日本語学校として活用する計画でしたが、議会の反対で頓挫しているというものです。 反対理由としては、議会では「東南アジアからの留学生で学校経営が成り立つのか」とか、地元では「留学生を頼ってきたベトナム人が、そのまま不法就労者になりはしないか」という懸念があるとのことです。 留学生が行方不明になって不法就労しているのは全国的に起こっていることですので、地元の心配は妥当だと思います。 一方で、そういった不法就労者に人手を頼っている企業もあるわけで。 これは人口減少問題の縮図なのだと思います。子供が増えない限りはこのような問題があちこちで起...

ご支援くださる方はクリック→