なぜ財政出動が広まらないのか?


私は歴史、特に明治維新~第二次世界大戦までが大好きです。他にも戦国時代やら経済史やら軍事史やら世界史も好きなんですが、今の日本がどのように形作られたのか?と問うた時に、やはり最重要なのは明治維新~第二次世界大戦だと思っています。 さて、私が財政出動を唱えているのはなにも「分配をして国民に金を与えよ!」などという「軽薄な理由」ではありません。例えば日本のインフラストラクチャーを考えた時に、日本のインフラの多くが高度成長期に整備されたものであり、その更新時期が迫っている、というよりもう明日にでも更新を始めねばならない状況です。国というものを考えた時に、国とは「国家、つまり国という家族」のような共同体であり、この共同体が強靭で頑強であるためには、国の基本、つまり国土の保全こそが最重要な課題です。であればインフラはその基本となるもので、他にも例えば田畑の保全、海洋保全、山や島の保全等...

ご支援くださる方はクリック→