①地方の問題の核心「地方の貧困化」

①地方の問題の核心「地方の貧困化」

中央政府の債務の拡大も、マクロ経済的には物価に関わる以外においては何の意味もなく、貨幣発行権の行使を妨げる理由とはなりません。このことは、これまでも繰り返し述べて来たとおりです。このマクロ経済の理解がまず基本になければ、今、地方で起こっている貧困化の問題を理解することは出来ません。地方財政については、国税の拒否が出来ないこともさることながら、国の決めたルールの下でしか課税出来ないことが決定的であり、その理由から、地方財政が自己責任であるという理屈は成り立ちません。地方財政は、中央政府の通貨発行権に基づく財政政策の端末であり、地方の貧困化は、中央政府の経済政策が実施された結果なのです。よって、特に財政においては、国の代理人として地方公共団体が存在するという位置関係を念頭において、地方自治体の自主性及び自立性が議論されなければなりません。それからの必然...

ご支援くださる方はクリック→