強化される戦後レジーム

「戦後レジームからの脱却!」とは安倍総理が就任時に掲げた政策の一つですが、私には戦後レジームの強化に見えてなりません。まずもって「戦後レジーム(戦後体制)」とはどのようなものか?を考えた上で、なぜ強化されているようにみえるのか?について書いていきます。 大まかに言ってしまえば戦後レジームとは「戦勝国と敗戦国」という区切りでしょう。国際的には。そして日本国内で言えばアメリカに防衛を依存している軍事体制、自衛隊のドクトリン、自衛隊法のポジティブリスト(やっていいことしか書いてない)、憲法9条などが挙がると思います。※通常の国の軍隊はネガティブリスト(やってはいけないことが書いてある)のルールで動いておりまして、自衛隊は非常に制約された軍隊という話になります。国際的な話、つまり「戦勝国と敗戦国」という戦後秩序と呼ばれるもの、これに対して挑戦するのであれば、国内の自衛隊法や憲法解釈、改...

ご支援くださる方はクリック→