少子化の原因・政策としての未婚率と夫婦の出産数

今日はこんなコラムです。 2つの出生力推移データが示す日本の「次世代育成力」課題の誤解-少子化社会データ再考:スルーされ続けた次世代育成の3ステップ構造- 仰々しいタイトルに長い記事ですが、内容を要約すると、「夫婦がつくる子供の数はあまり減っていないが、未婚率が上がっているので少子化が進んでいるという事実が見逃されている」という、このブログでは何度も紹介している話です。 著者は、未婚率低下を完全スルーしている少子化議論が多いと指摘していますが、「まともな」少子化議論なら、そこを見逃しているものは少ないと思います。「雑談」と「少子化議論」を混同しているように思います。 政策論議をするならまた別の話です。 「原因が何か」と「何を対策とするか」は必ずしも同じでなくてもいい。 一人では決められない「結婚」(記事ではカップリング力とよんで...

ご支援くださる方はクリック→