経済を知らぬ保守と経済学

今年は当ブログにおいて飛躍の年であり、1月中盤から毎日更新してまいりましたが、大変多くの皆様方にご支援いただき誠にありがたく存じます。 また私にとっても大変有意義な時間であり、多くの考察、論考を通じて学び、少しは成長ができたものと思います。来年はさらなる飛躍を目指したく存じます。変わらぬご支援頂けましたら幸いです。 本日は久しぶりに経済学関連のエントリーです。中野剛志氏の大著「富国と強兵」を読んでおられる方ならば、すでにいかに主流派経済学が「有害であるか?」という認識は論をまたない事と思いますが、その例を上げつつ「いわゆる保守」と呼ばれている層が「経済を知らないゆえに、主流派経済学に頼り、その結果保守ではない何かになる」というお話をしたいと思います。 まず主流派と呼ばれる経済学の第一の間違いは貨幣の認識にあります。貨幣とは現実に即した解釈をするならば「債権と債...

ご支援くださる方はクリック→